豚肉

下味冷凍の豚こま肉人気レシピ11選を紹介!お弁当や夕ご飯に大活躍


こんにちは、にぎりっ娘です。

安くて便利な豚こま切れ肉を使った下味冷凍のレシピです。

作り置きと違って保存期間が長いので、よく冷凍庫に常備しています。

夕ご飯作る時間ないときなど、どんな場面でも役立つので冷凍庫に常備しておきたいですよね。

それでは下味冷凍レシピの紹介をします。

>>豚ロース肉の下味冷凍レシピはこちら

\ポチッと応援してくれると嬉しいです/

下味冷凍とは?

生のお肉や魚に、調味料で味付けをして冷凍保存したもの。

すでに味が染み込んでいるので、食べたい時に焼いたり煮たりするだけで料理が完成するという時短・スピード料理のお助け調理法。

下味冷凍のメリット・デメリット

下味冷凍のメリットとデメリットを知っておいて活用してくださいね。

メリット

●時短と節約

安いセール品のお肉を買いだめして下味冷凍しておけば、節約にもなるし、食べたい時にパパッと加熱すればすぐに完成しちゃいます。

●柔らかくて美味しい❤️

下味を付けて冷凍する事で、味がよく染み込むし、調味料に漬け込んで置く事で冷凍焼けを防いでお肉も柔らかくなります。

●出来立ての美味しい状態で食べられる!

作り置き常備菜は、冷蔵庫で寝かせたほうが美味しい金平やひじき煮などのお惣菜系はいいですが、やっぱりメインのお肉や魚は出来立てが1番ですよね♪

デメリット

買ってきたら、できるだけ早めに下味冷凍の処理をしないといけません。

すでに下味を付けているので、違う料理を作りたい時に使えません。

下味冷凍のコツ

ちょっとした下味冷凍のコツを知っておけば失敗はありません。

下味冷凍は急速冷凍をする

冷凍庫に急速冷凍機能がついている場合は、急速冷凍を使って素早く冷凍してください。

急速冷凍がない場合は金属製のバッドにいれるとよいです。熱伝導が良いので比較的早く冷凍することが出来るのでおすすめです。

急速に冷やすことで食材の美味しさをキープしてくれますよ。

下味冷凍の解凍は方法?

使う日の前日に冷蔵庫に移しておきます。ゆっくり解凍することでドリップも出にくくなります。

当日、使う場合は流水で解凍するか電子レンジの解凍モードを使ってください。

急ぐ場合は、流水のほうが早いと思います。

常温での解凍は菌が繁殖しやすいので注意してくださいね。

下味冷凍の保存期間は?

だいたい1ヶ月もつと言われていますが、うちではだいたい2週間を目安にしています。

忘れがちな人はマスキングテープなどで、日付や食材の名前を入れるのをおすすめします。

豚こま肉の下味冷凍レシピ

豚肉は値段も安くて量も多く、お財布に優しいですよね。

個人的な感想ですが、冷凍するときのジップロックはMサイズがちょうど良かったです。

そんな豚肉の下味冷凍のレシピを紹介します。

豚こま肉のからあげレシピ

鶏もも肉でからあげは一般的ですが、豚こま肉のからあげも絶品ですよ。

さらに薄いので揚げ時間も油も少なくてすみます。

>>豚こま肉のからあげレシピはこちら

豚こま肉とピーマンの塩麹漬けレシピ

少ない調味料で美味しく仕上げてくれる塩麹。

だけだと少し物足りないので、調味料をちょい足で美味しくなります。

>>豚こま肉とピーマンの塩麹漬けレシピはこちら

豚こま肉の味噌漬けレシピ

しっかりとした味付けで、ご飯が秒でなくなってしまいますよ!

キャベツと一緒に炒めたりしても、美味しくなります。

>>豚こま肉の味噌漬けレシピはこちら

豚こま肉の豚丼レシピ

一品でも大満足できる丼ものおかずレシピだから、大量に作って冷凍しておきたいですね。

下味冷凍さえあれば、お弁当や晩ご飯のときすごく助かりますよ。

>>豚こま肉の豚丼レシピはこちら

豚こま肉と野菜の焼き肉タレ漬けレシピ

焼肉のタレを使うことで、少ない調味料で簡単にできちゃいます。

甘めの味付けなので、お子さんも喜んで食べてくれると思います♫

>>豚肉と野菜の焼き肉タレ漬けレシピはこちら

豚こま肉のオイスター漬けレシピ

豚こまと玉ねぎなどの野菜を一緒に漬けることで、一品で満足できるおかずになります。

オイスターソースでコクがアップして、美味しくなります。

>>豚こま肉のオイスター漬けレシピはこちら

豚こま肉のポークケチャップレシピ

シンプルな調味料と具材で出来上がるポークケチャップ。

炒めることでケチャップの酸味が飛ぶので、まろやかな仕上がりなります。

>>豚こま肉のポークケチャップのレシピはこちら

豚こま肉のプルコギレシピ

猛暑が続いて夏バテ気味にならないように、豚を使ったスタミナレシピがおすすめです。

野菜も一緒に冷凍できて、これだけで大満足のおかずです。

>>豚こま肉プルコギをのレシピはこちら

豚こま肉の生姜焼きレシピ

豚肉の定番を下味をつけて冷凍することで、お肉が柔らかくしっかりと味が染み込んでおいしいですよ。

玉ねぎと一緒につけることで、いざというときに簡単に食べれます。

>>豚こま肉の生姜焼きれレシピはこちら

豚こま肉のネギ塩レモンレシピ

さっぱりとしていてさわやかな味わいで夏にぴったりなメニューです。

タン塩をレモンで食べる感じに近いかもしれません!

>>豚こま肉のネギ塩レモンのレシピはこちら

豚こま肉のしそトマトさっぱり焼きのレシピ

豚とトマトの相性がばっちりで、さっぱりとした味わいは子供も喜んぶメニューです。

お弁当に詰めるときはトマトからでる水分が多いので、水溶き片栗粉でとろみをつけるといいですよ。

>>豚こま肉のシソトマトのレシピはこちら

ジップロックがもったいないって思う方におすすめ

私が今使っている、スタッシャーというシリコンで出来ている保存袋をおすすめします。

なにがすごいって、電子レンジ、オーブン、冷蔵・冷凍、湯煎での調理と幅広くつかえるんです。

しかも、3000回洗って繰り返し使えてるってすごくないですか?

3000枚使うより経済的にもお得になるし、環境にもいいのが魅力的なんですよね。

>>「スタッシャー」について詳しく知りたい方はこちら

\ポチッと応援してくれると嬉しいです/