MENU
下味冷凍・つくりおき

下味冷凍で楽に!豚のしょうが焼き作り置きレシピ

こんにちわ、にぎりっ娘です。

大人も子供も大好きメニュー「豚の生姜焼き」!

お肉の脂身や筋のところが苦手な息子も、柔らかいからこれなら食べれる!と絶賛。

はちみつでお肉が柔らかくなって、お弁当にも夕飯のメインとしてもGOODな一品です。

それでは、豚の生姜焼きレシピを紹介します。

作り置き豚の生姜焼きレシピ

生姜焼き

<材料>

  • 豚ローススライス…200~300g
  • 玉ねぎ…1/4コ

(調味料)

  • おろし生姜…小1
  • 酒…大2
  • 醤油…大1
  • はちみつ…大1

<作り方> 

  1. 玉ねぎをスライスする。
  2. フリーザバッグに調味料と肉をそのまま並べたまま入れて揉む。
  3. 肉をできるだけ伸ばして玉ねぎを入れ、更に少し揉み込む。
  4. 1時間以上漬け込む、または空気を抜いて冷凍する。
  5. お肉を広げて、玉ねぎと一緒に焼き色がつくまで焼く。

 

※冷凍しない場合はある程度ぐちゃぐちゃに揉み込んでもOK
※豚こま切れ肉や切落しでもOK(写真のお弁当は、細切れ肉使用)

下味をつけて冷凍すれば大活躍

下味をつけて冷凍することで、調味液がお肉の表面をコーティングしてくれて乾燥を防いでくれます。

下味冷凍した豚のしょうが焼きの保存期間は?

保存期間は1ヶ月出来るのですが、冷凍焼けの心配があるので我が家では2週間程度で食べています。

電子レンジで解凍するとお肉が少しかたくなってしまう可能性があるので、流水解答か冷蔵庫で自然解凍がおすすめです。

感想

作り置きすることで、朝のお弁当がすごく楽になります!

あまり作りすぎると冷凍庫がパンパンになったりするので、必要な分だけ作って無理しないようにしてください。

にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
このレシピを参考に作ってみる?

作りたい!作らない!

\お手数ですが、ポチッと応援お願い致します/