お肉を使ったおかず弁当

とろとろ茄子のチキン南蛮弁当レシピ!詰め方もあわせて紹介


こんにちは、にぎりっ娘です。

今回はボーソー米油部最後の活動になります。

米油を使って茄子チキン南蛮弁当を作りました。

茄子は火を通すとどうしても皮の色が茶色くなってしまいませんか?

私は気づきました!最初に茄子全体に油をまぶしておけば、焼いても茄子の皮の色がきれいなまま保てることを。

米油は酸化もしにくく、癖もないので油をよく吸う茄子料理にとてもピッタリです。

それでは、茄子チキン南蛮レシピを紹介します。

1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ
1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ

茄子チキン南蛮弁当のレシピ

 

▼今日のお弁当メニュー

  • おにぎり
  • 茄子チキン南蛮&タルタルソース(卵サラダ)
  • ブロッコリー、ミニトマト

茄子チキン南蛮レシピ

茄子チキン南蛮

<材料>(2人分)

  • 鶏もも肉 1枚(約230g)
  • 茄子 1本 乱切り
  • ボーソー米油 大1と1/2
  • 酒 大1/2
  • 塩コショウ 適量

(甘酢ソース)

  • 砂糖、醤油、酢 各大1 合わせておく。

(タルタルソース)

  • ゆで卵 2こ 粗みじん切り
  • 玉ねぎ 1/8 みじん切りして水にさらす
  • 人参 約20g みじん切り
  • きゅうり 1/3本 みじん切り
  • マヨネーズ 大2〜3
  • 塩コショウ 適量
  • レモン汁(又は酢) 少々
  • ブラックペッパー お好みで

<作り方>

  1. 鶏もも肉は食べやすくカットし、酒・塩コショウを振る。
  2. 茄子は乱切りしてすぐに米油をまぶす。
  3. フライパンを熱し、茄子の皮を下にして焼く。
  4. 続けて鶏肉も皮を下にして焼く。
  5. 茄子が焼けたら一旦取り出し、鶏肉をしっかり焼く。
  6. 火が通ったら茄子を戻し、甘酢ソースを絡める。
  7. タルタルソースの材料をすべて混ぜ合わせる。

 

※茄子に油をまぶしておくことで、ナスの皮の色をキレイに保って約ことができます!

ボーソー米油の特徴

米油は、風味や香りにクセがなく、素材の旨みをいかす油なのが特徴です。

米油特有の栄養成分「ガンマーオリザノール」は、加熱すると一部がバニラの香り成分「バニリン」に変わり、これがほんのり香ばしい風味を引き出すそうです。

なので、焼いたり揚げたりする「粉もん」と相性ぴったりなのです!

ボーソー米油の使い方は?

揚げ物、炒め物、マヨネーズやドレッシング、オイル煮など、普段のお料理何にでも使えます。

感想

普通のチキン南蛮に茄子を加えるだけでとてもごちそうになりますね!

タルタルソースもサッパリとした味付けなのでとても美味しいです♪

お弁当だけでなく、晩御飯にもどうぞお試しください。

1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ
1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ

 

にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
茄子チキン南蛮作ってみる?

作りたい!作らない!

\お手数ですが、ポチッと応援お願い致します/