つくりおき

【7月】1時間で出来る1週間分の作り置き5品!お弁当や晩ご飯に大活躍

こんにちは、にぎりっ娘です。

レンジとコンロを同時に使うことで、1時間以内に出来るつくりおきです。

なるべくスーパーで売っている食材を使用し、特別なものは使っていません。

にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
大量に作っても残すからほどよい量の作り置きにしてます

私の作り置きは、だいたい3〜4日くらいでなくなる量です。

それでは、今回の作り置きのレシピと手順も合わせて紹介します。

 

 

\ポチッと応援してくれると嬉しいです/

作り置きおかずメニュー

<作り置きの副菜>

  • キュウリとミョウガの漬物 (5分)
  • ささみとキュウリのサラダ (8分)
  • 夏野菜の焼き浸し(15分)
  • ピーマンのツナ塩昆布 (5分)

 

<作り置きのメイン&冷凍>

  • 豚のトマト煮(20分)

 

作り置きで使う食材

<野菜&材料>

  • ミョウガ…3個
  • キュウリ…2本
  • レンコン…100g
  • なす…2本
  • パプリカ…1/2個
  • ピーマン…3〜4個
  • 塩昆布…5つまみ(8g)
  • パプリカ…1/2個
  • 粉チーズ…大1
  • トマト缶…1/2缶

 

<肉&魚>

  • ささみ…3本
  • シーチキン…1缶
  • 豚バラ肉…300g

 

作り置きの手順

冷ましたり焼いている間などで、同時進行するとすごく効率よくなります。

キュウリとミョウガの漬物 ささみとキュウリのサラダ 夏野菜の焼き浸し ピーマンのツナ塩昆布 豚のトマト煮
①きゅうりとミョウガをそれぞれカットし、塩をまぶし、調味料、ゴマと和える
完成 ②ささみに砂糖と塩をもみ、レンジで加熱する
③きゅうりをカットする ④野菜をそれぞれカットし、フライパンで焼く。 ⑤ピーマンをカットする
⑥2のささみを手で裂き、きゅうりと一緒に調味料で和える ⑦レンジで加熱して調味料で和える。
完成 ⑧調味料に漬け込む。 完成 ⑨豚肉に塩コショウを振り片栗粉をまぶし、野菜をカットする
完成 ⑩鍋で豚と野菜を炒め、調味料を加えて炒り煮する。
完成

 

作り置きおかずのレシピ

それでは、それぞれの作り置きレシピを紹介します。

キュウリとミョウガの漬物

シャキシャキとしたきゅうりとみょうがの食感がたまりませんよ。

火を使わないので5分もあれば出来る一品です。

>>キュウリとみょうがの漬物レシピはこちら

鶏ささみとキュウリのサラダ

ヘルシーな鶏ささみときゅうりでカロリーが気になる方におすすめです。

電子レンジを活用した簡単調理で、作りおきにもピッタリ!

>>鶏ささみとキュウリのサラダレシピはこちら

夏野菜の焼き浸し

野菜を大量消費できるから、残り物の野菜をうまく活用出来ます。

工程もシンプルで切る、焼く、漬け込むだけ!

>>夏野菜の焼き浸しレシピはこちら

ピーマンのツナ塩昆布

シャキシャキとしたきゅうりとみょうがの食感がたまりませんよ。

火を使わないので5分もあれば出来る一品です。

>>ピーマンのツナ塩昆布レシピはこちら

豚のトマト煮

たっぷりの野菜と豚バラ肉の旨味で、抱えて食べたくなるよ!

野菜たっぷり食べれるよ

>>豚のトマト煮レシピはこちら

作り置きの日持ち期間

夏野菜の焼き浸しは、冷蔵で3〜4日以内にお召し上がりください。

キュウリと茗荷の漬物、ささみとキュウリのサラダ、ピーマンのツナ塩昆布は冷蔵で2〜3日以内にお召し上がりください。

豚のトマト煮は、冷蔵で1〜2日程度

\ポチッと応援してくれると嬉しいです/