副菜おかずレシピ

野菜を加えた卵焼きアレンジ!インゲンと黒ごまの和風卵焼き

こんにちは、にぎりっ娘です。

今回は見た目も可愛いインゲンと黒ごまの卵焼き。

お弁当に緑の彩りがない時は、いんげんや枝豆を一緒に巻くのもおすすめです。

野菜も一緒に摂れるので一石二鳥ですね♪

にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
黄色い卵に、緑と黒がアクセント!

それでは、インゲンと黒ごまの卵焼きを紹介します。

Contents

インゲンと黒ごまの卵焼き

インゲンと黒ごまの卵焼き

<材料>

  • 卵…1個
  • 茅乃舎だし(和風だし)…小1/4
  • 砂糖…小1/2
  • 水…小2
  • インゲン(冷凍)…2本分  1cm ほどにカット
  • 黒ごま…小1

<作り方>

  1. 卵を溶き、材料すべて混ぜ合わせる。
  2. フライパンに油を引き、卵液の1/3を流し入れる。
  3. 両サイドを内側に折り込み、手前に折り畳むように巻く。
  4. 残りの半量の卵液を流し入れ、同様に巻くを2回繰り返す。

※生いんげんの場合は、600wレンジで30秒ほど加熱してください。

にぎりっ娘。の卵焼き器

鉄の卵焼き器はリバーライト(小)を使用しています。

熱伝導が良く、卵の焼き目もキレイに焼けます。

created by Rinker
リバーライト(Riverlight)
¥4,355
(2024/05/29 09:42:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

作り置きの日持ち期間

密閉できる容器に入れたら、冷蔵庫で2~3日、冷凍2週間程度保存可能です。

お弁当に詰めるときのコツ

ペーパーなどでしっかりと水分を拭き取って、詰めることをおすすめします。

\ポチッと応援よろしくお願いします!/