お弁当お悩み解決

電子レンジで簡単里芋の皮むき方紹介!季節の里芋おかずはいかが?

こんにちは、にぎりっ娘です。

ねっとりとした食感で、おいしい里芋の季節になりましたね。

そのまま蒸して塩をかけて食べたり、煮物やおでんの具にと活躍の場が多い里芋!

なのに皮を剥く際ぬるっとすべったり、手がかゆくなったりと、剥くのが大変なイメージがありませんか?

にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
でも、電子レンジを使えば皮がツルンっと剥けちゃうよ!

それでは里芋おかずの作り方と簡単な皮のむき方を紹介しますね。

電子レンジでできる里芋の皮むきを紹介

皮がツルンと剥けて、しかも下茹でにもなるのでぜひ参考にしてください。

①里芋をしっかりと洗い1周ぐるりと切り目を入れてます。

 

②水をひとまわしかけ、5個で5分ほど電子レンジで加熱します。

③熱いうちに剥くとつるんとむけます。

熱いのでふきんなどで剥くことをおすすめします!ちなみに私が使っているゴム手袋は清潔で熱さも和らぐので剥きやすいですよ♪

里芋の唐揚げのレシピ

お弁当のおかずにも夕ご飯にも活躍するのでぜひ作ってみてくださいね。

<材料>(1〜2人分)

  • 里芋 5個
  • 水 30ccぐらい

(漬け汁)

  • 麺つゆ(3倍濃縮) 大2
  • 水 大1

里芋唐揚げの作り方

①里芋をよく洗い、水をまわしかけてラップをし、レンジで5分ほど加熱します。(箸がすっと刺さるくらい)

②里芋を半分にカットし、皮を剥きます。

③食べやすい大きさにカットします。

 

④ビニール袋に入れ、麺つゆと水を入れます。

⑤水に浸して空気を抜きながら袋を結び、冷蔵庫で半日以上漬け込みます。

※漬け込んだらそのまま食べても美味しい!火を使わず里芋の煮物ができます。笑

⑤片栗粉をまぶし、ボーソー米油で揚げます。

にぎり夫。
にぎり夫。
これ、めっちゃ美味しい!全然脂っこくないし、おつまみにもぴったりだね!

ボーソー米油の特徴

風味や香りにクセがなくて、素材の旨みをいかす美味しい油で、幅広く使えます。

米油は、酸化に強い油でお料理の美味しさが長持ちするので、つくりおきお弁当のおかずにも最適なんですよ!!

ボーソー米油の使い方は?

揚げ物、炒め物、マヨネーズやドレッシング、オイル煮など、普段のお料理に使えます。

米油は、風味や香りにクセがなく、素材の旨みをいかす油なのが特徴です。

感想

今回は里芋に漬け汁で味付けしましたが、里芋の煮物の残り物があれば、それを使って唐揚げにしてもOK!

簡単リメイクになりますよ。

しっかりと味がついているので、お酒のおつまみにしても大好評でした。

自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ

 

にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
このレシピを参考に作ってみる?

作りたい!作らない!

\お手数ですが、ポチッと応援お願い致します/