お役立ち情報

春の行楽弁当きれいで簡単な詰め方のコツは?レシピも合わせて紹介

行楽シーズンがやってきましたね!!
我が家もお花見弁当を持って、お花見に行ってきました。

G.Wももうすぐ。
5月の運動会も増えてきましたね。
そこで、今回は運動会にも使える行楽弁当を特集してみます。

行楽弁当のきれいで簡単な詰め方

行楽弁当、運動会やお花見などは外で食べる前提。
ということは、やはり食べやすいおにぎりやサンドイッチがおすすめ。

目安としては主食、メイン2品、卵系、副菜2品。
これで3〜5人分。子供も含めます。

行楽だと、興奮して子供たちもあまり食べませんし、おやつも持っていくので少なめでいいと思います。
残すのももったいないし、頑張りすぎないで楽しましょう!

参考例です。
コチラは動画はないのですが、姪っ子たちと遊びに行くときに作ったものです。

行楽弁当の簡単な詰め方のコツ

行楽弁当といえばお重。
1段は主食(おにぎりや巻き寿司、いなり寿司など)として、残りの2段はおかず。

おにぎりは種類によってバラバラにバランスよく配置するタイプと、列ごとに配置するタイプがあります。
おにぎりの種類によって使い分けるといいと思います。

 

主菜の唐揚げとハンバーグはに2分割に詰め、副菜の方は十字をベースに詰めています。

縦詰め十字詰め
こうすることであまり難しく考えず詰めることができると思います。

お弁当のきれいな詰め方・盛り付け方

仕切りに使っているのは、プリーツレタス(グリーンリーフ)や笹の葉、大葉。
これを少し使うだけでもお弁当がとても華やかになります!

おにぎりは大葉笹の葉、おかずはプリーツレタスがおすすめ。

どれもキレイに洗って、キッチンペーパーや清潔なタオルで十分に拭き取ってから使用します(水分は腐敗の原因になるため)。

フリルレタスやサニーレタスでもOKですが、サニーレタスは色が暗くなり、フリルレタスは1枚が小さいので、葉が大きく華やかなプリーツレタスがおすすめです。

夏の熱い日などは大葉や笹の葉がいいかもしれません。
大葉や笹の葉は抗菌作用があるので、お弁当の腐敗を防ぐ役割も果たしてくれます。

 

作成の様子は下にスクロールすると、過去の行楽(運動会)弁当の動画を載せています。

行楽弁当のおすすめおかず

おすすめのメインのおかずは冷めても美味しい揚げ物です。
大人も子供も喜びます😊

唐揚げやミニトンカツ、春巻き、エビフライ、チキンナゲットやライスコロッケも◎
そのほか、ハンバーグやウインナー、野菜の肉巻きなどもいいですね!

卵系も彩りで入れておきたいおかずですね♪
卵焼きやゆで卵、味付け卵も

サラダ巻きなどの巻き寿司やサンドイッチは、野菜も一緒に摂れるので
おかずも少なめで済みます。

ロールパンやコッペパンなら、もっと楽かもしれません。

前日までにお弁当の下準備をして当日楽する!

行楽弁当で重要なのは、下準備です。
例えば下のお弁当の場合。

(壱の重)→全て当日
梅と昆布のおにぎりくん
明太おにぎり(明太は冷凍を乗せるか、焼いて火を通す)
鮭フレークおにぎり

(弐の重)→前日
卵焼き
人参しりしり
ブロッコリーと卵のサラダ
ミニトンカツ→(衣をつけて冷凍していたものを当日揚げる。)

(参の重)
唐揚げ→前日下味に漬け込んでおき、当日揚げる。
カボチャサラダの揚げ餃子→前日準備し、当日揚げる。

(前日)
○卵焼き
○人参しりしり
○ブロッコリーと卵のサラダ
○唐揚げ下味
○カボサラを餃子の皮で包んで冷凍…餃子の皮が皿にくっつく為
○ミニトンカツに衣付ける…以前作ってたもの

(当日)
○カボサラの揚げ餃子→揚げる
○唐揚げ→揚げる
○ミニトンカツ→揚げる
○おにぎり作る→これが時間かかる

詰めるのはすぐ終わりました。
おにぎりは大きさがバラバラに
ならないよう、60gずつ量って作りました!

作成の様子は、動画を参考にしてくださいね♪

にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
チャンネル登録よろしくね❤️

行楽弁当のレシピ

冷めても美味しい、お弁当にぴったりのレシピをいくつか紹介します。

 

ハンバーグ

【材料】

  • 合いびき肉…350〜400g
  • 玉ねぎ…1個
  • 卵…1個
  • パン粉…大5
  • 牛乳…100cc
  • ナツメグ(あれば)…小1/4程度
  • オイスターソース…大1
  • 塩コショウ…適量

(ソース)

  • ケチャップ 大1
  • ウスターソース 大1
  • 赤ワイン 大1
  • 水 大2

【作り方】

  1. 玉ねぎをみじん切りして炒め、冷ましておく。
  2. ソース以外の材料を全て合わせてよくこねる。
  3. お好みの大きさにまとめたら表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます。
  4. フライパンを温め、油を引いたら③を乗せて焼きます。片面は強火で、焼き色が付いたらひっくり返して蓋をし、極弱火で7分蒸し焼き。(かなり大きいようなら、時間を伸ばして火を止めてからもしばらく余熱で熱を通してくださいね。)
  5. 焼き上がったら一度お皿に取り出します。
  6. ハンバーグを焼いたフライパンを洗わずにそのまま、ソースの材料を入れて煮詰めます。
  7. とろみがついたら、ハンバーグを戻してソースを絡めます。
ヘルシーな野菜入り豆腐とキノコのハンバーグ

【材料】
・合いびき肉 300g
・玉ねぎ 1個
・絹ごし豆腐 150g 軽く水気を取っておく
・おろし人参 1/2本分
・卵1こ
・パン粉 大さじ3
・エノキ 1袋(小) 1㎝幅にざく切り
・塩コショー
・顆粒コンソメ 小さじ1/2
・オイスターソース 大1
作り方はハンバーグと同じ。

お弁当にぴったり!!人参しりしり

【材料】

  • 人参 1~1.5本…千切り
  • シーチキン…1缶
  • 溶き卵…1個分
  • マヨネーズ…大さじ1
  • 麺つゆ…小さじ1ぐらい
  • 塩コショー…適量

【作り方】

  1. 熱したフライパンにマヨネーズ大1を入れ、人参を炒める。
  2. 火が通ったらシーチキンを加え、麺つゆと塩コショウで味付けする。
  3. 最後に溶き卵を加える。

 

麺つゆで簡単!味付け卵

<材料>

  • ゆで卵…3個
  • 3倍濃縮のめんつゆ…大1〜2
  • 水…大3〜63倍濃縮のめんつゆ:水 2:1
    2倍濃縮のめんつゆ→ ストレート

<作り方>

  1. ビニール袋に麺つゆと水とゆで卵を入れ、空気を抜いて結ぶ。
  2. 2日ほど漬け込む。

その他下記リンクから参考レシピに飛びます♪

不動で人気の唐揚げレシピは、過去記事参考にどうぞ♪

【簡単弁当】ほっともっと風!唐揚げ弁当→前日ビニール袋に入れて下味をつけておく。当日、片栗粉をつけて揚げる。

あら簡単♪手作りチキンナゲット→冷凍保存可。当日レンチンでOK!

粉チーズがミソ♪絶品チキンカツ→衣をつけて冷凍可。当日揚げる。

デリ風カボチャサラダ→冷凍保存可能。

レンジで簡単!!明太マヨ人参→前日作って冷蔵。

おしゃれな♪レッドキャベツのマリネ→煮沸消毒した容器に冷蔵保存。1ヶ月ほど日持ちします。

揚げずに簡単!人気の海老マヨ→片栗粉をつけた状態で冷凍保存可能。当日冷凍のまま多めの油で揚げ焼きし、ソースに絡める。

 

まとめ

  • 冷めても美味しいおかず、主菜を多めに副菜は少なめに。
  • 張り切って作りすぎない!(意外と子供は興奮して食べません。)
  • 縦(横)詰め、十字詰めを意識したら詰めやすい。
  • そして、行楽弁当で1番重要なのは下準備!!常備菜と冷凍保存を上手に使って、当日の負担を減らしましょう。
にぎりっ娘。
にぎりっ娘。
参考になった?

なった!

全然ならない!

ABOUT ME
nigiricco
このサイトを運営しているにぎりっ娘。です。 お弁当動画をyoutubeにアップして4年になります。 毎日のお弁当作りで悩んでいる方の参考になれば幸いです。 ◆掲載本◆ 2018/8月 サンキュ!9月号 2016/1月  レシピブログ 大人気!具だくさんサンドBEST100 2015/9月 レシピブログ magazine秋号 ◆コラボ◆ 2017/4月 クラシルでレシピハンティング ◆メディア◆ 2017.10 フジテレビ「みんなのニュース」特報コーナー     https://www.fujitv.co.jp/minnanonews/clear_1710.html