お弁当お悩み解決

夏のお弁当を傷みにくくする食中毒対策!つめ方や持って行き方

こんにちは、にぎりっ娘です。

梅雨の季節に入りジメジメとして、夏がやってきたんだな〜って感じるようになりました。

夏、暑くなると大変なのが、お弁当の食中毒リスクが高くなること。

せっかく楽しいお弁当の時間も、お腹を壊されると意味がありません。

しかし、詰め方、持って行き方を気をつけるだけでそのリスクをかなり抑えることができます。

お弁当が腐る原因とは?

夏にお弁当が腐りやすい原因は温度にあります。

腐敗の原因は菌。この菌は35℃〜40℃の適温、水分、空気が揃うことによってどんどん繁殖していきます。

夏は30℃以上の気温になるため、お弁当の菌の繁殖が進みやすい状況ということですね!

なので、「水分の多いおかずは避ける」「おかずは冷めてから詰める」などといわれている理由がわかると思います。

お弁当のつめ方、持って行き方

お弁当を作るにあたって、私が実行しているいくつかのポイントを紹介します。

ご飯を短時間で冷ましたいときは冷凍庫や保冷剤で!

ごはんを詰めたはいいけど、冷めるまで時間がかかる!

早く詰めたいのに、おかずがなかなか冷めない!

そんなときは、固くならないタイプの保冷剤を敷き、冷蔵庫や冷凍庫で急速に冷やしましょう!

写真は蓋をしていますが、蓋はしなくてOKです。

この方法はもちろん、おかずにも適用しています。

その理由は、蓋をすることで熱がこもって水滴がついてしまう、この水分が腐敗の原因になるからです。

まずは、ごはんを詰めると思うのですが、

朝炊きたてのご飯はある程度冷ましてからお弁当箱に詰めてください。

だけど朝バタバタしていて時間がない!ってときは、急速冷凍に入れたり保冷剤を敷いて冷ましながら詰めるという方法もあります。

おかずも同様冷ましてからいれてくださいね。

ミニトマトはヘタの周りに雑菌

ミニトマトはお弁当の彩で、入れたくなる食材のひとつです。

ヘタの周りに雑菌が多くくっついているので、ヘタを取った後は水洗いして水分を充分拭き取ってからお弁当に入れてください。

 

ドレッシングやソース類は別添え

サラダのドレッシングやとんかつなどのソース類は小さいパックに分けておいて、食べる直前にかけるのがオススメです。

100均の容器や小さい空き瓶などに入れて利用しています。

保冷剤や保冷温バッグを利用

初夏から秋にかけての暑い日には、保冷剤+保冷バックが必須です。

移動が長い方や仕事場に冷蔵庫がない方は大きめの保冷剤もしくは小さい保冷剤を2個いれるといいと思います。

抗菌シートを利用する

スーパーや100円均一など手に入りやすい抗菌シートでさらに雑菌の繁殖を抑えることができます。

ワサビ、ショウガ、カラシなど天然由来の抗菌物質のシートから、銀イオンのシートも出ています。

キャラクターものもあるので、小さいお子様をお持ちの方にはオススメです。

雑菌の繁殖を抑えるのですが、腐敗は防げないので注意してくだい。

パストリーゼでお弁当箱を消毒する

パストリーゼをお弁当に使用することで食虫毒などのリスクを抑えることができます。

ドーバー酒造で作られている食品に直接噴霧可能なアルコール除菌スプレー。

詰める前のお弁当箱にはもちろん、詰めたあとのお弁当に直接噴霧できるので優秀ですね!

お洒落なパッケージと高い除菌力でInstagramなどで評判になっています。

感想

どうでしたか?

温かい時期のお弁当作りは大変ですが、自分のため旦那さんのため子供のためにも食中毒はなるべく防ぎたいですよね。

食中毒対策をして、おいしいお弁当を作ってくださいね!

にぎりっ娘。
参考になった?

なった!全然!

\お手数ですが、ポチッと応援お願い致します/