調理アイテム

木製まな板のカビや黒ずみを取る方法!ヤスリを使ってあっという間にきれいに

こんにちは、にぎりっ娘です。

木製まな板を使っていると、黒ずみができて困っていませんか?

また板を使った後に汚れが残り、カビが原因で黒ずみができてしまいます。

カビができたまま使うのもテンションが下がるので、黒ずみを取る方法を紹介したいと思います。

>>本榧の木製まな板について詳しく知りたい方はこちら

まな板にできたカビや黒ずみの落とし方

初期段階であれば表面にできた黒ずみは、ヤスリで簡単に取ることができます。

木製まな板のカビを落とす方法

カビ部分を100~150番サンドペーパーで削ります。

 

カビが落ちたら仕上げに240番で削るときれいになります。

ハイターなどの除菌漂白剤はNG

木製のまな板に除菌漂白剤を使用してカビを落とす行為は、変色したりする原因になるのでおすすめしません。

気になる場合は、食器用洗剤で洗った後に熱湯をかけて消毒して下さい。

まな板にカビができる原因

木製まな板は、いろんな食材を切るのでどうしてもたくさんの雑菌がくっついてしまいます。

そして、洗った後にちゃんと乾燥させていないと、カビの原因になる湿気と汚れで繁殖しやすくなります。

なので、まな板は汚れを残さないようにお手入れしてください。

カビを繁殖させないためにはしっかり乾燥させる

調理後はなるべく早めに水や食器用洗剤で洗ったら必ず乾いた布巾で水分を拭き取り、自然乾燥させてください。

早めに洗うことで、匂いや黒ずみといった原因をなくすことができます。

しっかりと乾燥させることで、割れや反りも防ぐことができます。

\お手数ですが、ポチッと応援お願い致します/