にぎりっ娘blog

お弁当を毎日作るモチベーションはSNS

ここで紹介するのは私なりのお弁当のモチベーションを保つ方法です。

それは、自分のお弁当記録としてSNSに投稿することです。
自分のお弁当がズラリと並んでいくと、それが次のモチベーションに繋がります。

既にSNSなどでお弁当をアップしている人は感じている事だと思いますが、
作ったお弁当を毎日アップする事で、「SNSにアップしないといけないから、頑張って作らなきゃ!」って背中を押してもらえるんですよね。

それに、コメントなどで反応貰えたりしたらまたそれも嬉しいし、励みになります。
SNSでのお弁友を作るのもオススメです。

ただそうなると、今度はいろんなお弁当箱が欲しくなるわけです。笑
あれもこれも欲しくなります。笑
そう言う時は、無理ない程度に買っちゃいましょう!

実際、欲しかったお弁当箱を手に入れたり、お気に入りのお弁当箱が増えると、

「今日はどのお弁当箱使おうかな♩」

「今日はサンドイッチだから、このお弁当箱にしよう!」

とかお弁当箱を選べるって、意外とモチベーションにも繋がるんです!

結果、選べるようになると、お弁当作りも楽しくなります。

お弁当作りって楽しんでないと、モチベーションって続かないと思うんですよね。
大変の中に少しの楽しみを持っていると、作り出すお弁当も違ってくると思います。


お弁当はズボラでもいいじゃない

そうはいっても、です。

 

やっぱり、お弁当作りは毎日朝の忙しい時間帯での仕事ですから、作らないでよければそりゃ楽です。笑

「SNSにアップしないといけないから、頑張って作らなきゃ!」も、逆にストレスになることも・・・。

だから、そうならないようにたまに手を抜いたり、時には休んでもいいんです。

それにね。私の経験から言うと、昔はインスタ映えや栄養を考えてバランスのいいお弁当を意識してましたが、男性にとってはイマイチだったりします。

実際、とても彩りも栄養バランスもいいお弁当を作っていたある人が、ご主人に「茶色いお弁当にしてくれ!肉だけでいい!」と言われてケンカしたと言う話も聞きました。笑

主人もそうですが、意外と手を抜いたズボラだけどガッツリなお弁当の方が、男性には喜ばれたりするんですよね。

うちではよく、

にぎり夫。
にぎり夫。
「お昼にカツ丼食べたい」

とお弁当リクエスト受けることもあります。

「栄養バランスが・・・」って言う話も聞きますが、本当は1日もしくは1週間の長いスパンの中で考えて、お昼は好きなものをがっつり食べてもらう日を作るのも、全然ありだと思っています。

おかずの数も少なくてがっつりなお弁当は、お弁当初心者の方にもオススメです。

お弁当マンネリ化の解消のヒント

ある程度作っていくと毎日のお弁当が同じになったりマンネリ化してくると思います。
そういった時にやっぱり便利なのはSNSですね。

今のSNSでは、いろんな人の素敵なお弁当が溢れているので、マンネリ化している人は参考ににしてどんどん取り入れていけばいいんです。

お弁当初心者の人はそのまんま真似してもいいんです。
真似をして作ることで、詰め方のコツをだんだん身体で覚えていくと思います。

むしろ、真似をして作ることは、お弁当作りの第一歩だと思っています。
(ただ、そのまま真似して作ったお弁当写真をアップする場合、その人へタグ付けやコメントで報告するといった気遣いは必要かもしれません。)

常備菜・作り置きって実際やって見て思ったこと

マンネリ化や朝のお弁当を少しでも楽にするために、常備菜や作り置きが流行っていますよね。

私も流行に乗って、昔は結構ガッツリ作ってたました。
お料理を作り始めると楽しいし、実際ご飯やお弁当で楽はできました。

私は、日曜日に買いだめをして、月曜日の午前中10時〜14時ぐらいの間に作ることが多かったけど、平日仕事をしている人は、日曜日にがっつり作っちゃうと結構時間を費やすので、休みを犠牲にしないと行けなくなるのがネックでしょうね。。

平日のご飯を楽にするのか、休みを犠牲にして平日のご飯を楽するのか。
なかなか究極の選択になりそうですが、どうなんでしょう?

私は在宅なので、外で働く人にとっての常備菜がどう捉えられているのかはよくわかりませんが、作り置き常備菜の動画が人気なのは、やっぱり働くママの救世主となっているんでしょう。

参考までに、私の作ってきた常備菜はこんな感じです。

ただ、うちの環境は・・・
少食3人のうちの家族は、あまりたくさん作ってはいけないw

常備菜って長くても4〜5日で食べきらないといけないですよね。
作り過ぎちゃうと、メニューが同じになったり、結局食べきらなかったり。。

と言うのもあって、今はあまり作り置きすることは少なくなりました。
作るといったら、下準備して冷凍できるメイン料理

例えば、豚ロースに揚げ衣を付けて冷凍保存、下味を付けて冷凍したからあげ、焼くまでしたハンバーグや肉だんごなど。

メイン料理となるものの殆どは、出来立てが一番美味しいから。
作ってから食べるまで時間空けたくないので、メインは直前に作ります。
そういう時に、揚げるだけ〜煮るだけ〜にしておくと、本当楽ですね。

おかず(惣菜)は、作って直ぐに食べるより、時間をおいたほうが美味しいもの
コールスローやキャロットラペ、ピクルス、キンピラやひじき煮など、2〜3品で十分かな。

それだけあれば、お弁当作りも十分楽できます。
子供が大きく食べ盛りになったり、子供弁当が始まったらまた違ってくるかな。笑

 

まとめ

お弁当作りを長く続けるためには、お弁当作りを楽しむことだと思います。
「楽しむって・・・」と思うかもしれませんが、どうせ作らないといけないんだったら楽しんだほうがいいじゃないですか!?笑

楽しむためにSNSを活用すると言うのもありだと思います。

実際、お弁当に限らずともSNSは情報の宝庫です。

私はInstagram歴6年以上になりますが、昔に比べてお弁当や料理のクオリティがかなり高くなっているのにビックリしています。

(って言うと、ハードル上がりそうですが、そんなことないですよー!)

お弁当にも流行りがあるんですよね。
そういう情報もたくさん転がっています。
流行りものを見つけてハッシュタグ(#)をつけてアップしましょー!
結構、いいねやコメントが貰えるかもしれませんよ♩

いつも応援のクリックありがとうございます!

 

ABOUT ME
nigiricco
このサイトを運営しているにぎりっ娘。です。 お弁当動画をyoutubeにアップして4年になります。 毎日のお弁当作りで悩んでいる方の参考になれば幸いです。 ◆掲載本◆ 2018/8月 サンキュ!9月号 2016/1月  レシピブログ 大人気!具だくさんサンドBEST100 2015/9月 レシピブログ magazine秋号 ◆コラボ◆ 2017/4月 クラシルでレシピハンティング ◆メディア◆ 2017.10 フジテレビ「みんなのニュース」特報コーナー     https://www.fujitv.co.jp/minnanonews/clear_1710.html